有馬記念

有馬記念 中山 芝2500

1-1 カワカミプリンセス(牝5、横山典弘・西浦勝一)
2-2 ベンチャーナイン(牡3、柴田善臣・小桧山悟)
3-3 コスモバルク(牡7、松岡正海・田部和則)
3-4 エアジパング(セン5、藤田伸二・藤原英昭)
4-5 フローテーション(牡3、C.ルメール・橋口弘次郎)
4-6 エアシェイディ(牡7、後藤浩輝・伊藤正徳)
5-7 アルナスライン(牡4、O.ペリエ・松元茂樹)
5-8 スクリーンヒーロー(牡4、M.デムーロ・鹿戸雄一)
6-9 メイショウサムソン(牡5、武豊・高橋成忠)
6-10 マツリダゴッホ(牡5、蛯名正義・国枝栄)
7-11 ドリームジャーニー(牡4、池添謙一・池江泰寿)
7-12 アサクサキングス(牡4、四位洋文・大久保龍志)
8-13 ダイワスカーレット(牝4、安藤勝己・松田国英)
8-14 アドマイヤモナーク(牡7、川田将雅・松田博資)


さあ
有馬記念です。ウォッカやディープスカイ、オウケンブルースリなどが出走してこないのでやや寂しいメンバーですが、最後なのできっちり取りたいと思います。

一番人気はダイワスカーレットでしょう。今まで連を外したことがないし、休養明けの天皇賞はウォッカの2着にやぶれたものの間違いなくウォッカより強い競馬をした。ベストは2000だが昨年も有馬記念2着を確保しており、ウォッカがいないレースでは負けられないところか。
不安点は距離と前走休養明け激戦の反動。そして外枠。

メイショウサムソンはこれが引退レース。去年の天皇賞(秋)以来勝ち鞍はなく往年の力は望めないものの今年も天皇賞(春)宝塚記念で2着と存在感を示している。このメンバーなら力は上位だろう。秋3戦目で状態はピークで人気が落ちるここは狙い目かもしれない。

人気薄でジャパンカップを勝ったスクリーンヒーロー。前走はフロックと見られがちだがウォッカ、ディープスカイを負かした脚は見限れない。ここで勝てば今年の年度代表馬になる可能性もあり力が入るところ。今年は連をはずしてないし最大の上がり馬というべきだろう。
不安点は前走がGⅠ初挑戦だったので目一杯の仕上げだった可能性があることと8月から使い詰めで6戦目になること。

去年の有馬記念馬マツリダゴッホ。とにかく中山は強い。10戦7勝2着1回3着一回着外は競争中止だけ。コーナーワークが巧い。力を使わず最終コーナーで好位にとりついて抜け出すレース。昨年はノーマークだったが今年は2番人気かな。
不安点は今年は人気になるだけにマークをされることか。

人気馬についてコメントを並べましたが本命はカワカミプリンセスで行きます。強い先行馬のダイワスカーレットを負かすには前でレースをするしかない。逃げ馬が見当たらないこのレースで逃げるのはこの馬だと思う。1枠1番で横山典の大胆な騎乗に期待する。デビューから5連勝の勢いはないが今年は3着2着2着と崩れてはいない。今年のメンバーなら通用すると見る。問題は典はGⅠ2着が多いこと。

相手は上記人気どころとアルナスラインを加えてみたい。O.ペリエ騎手はデムーロやルメールに注目を譲っているがまだ衰える年ではない。ここは意地を見せる可能性はある。スクリーンヒーローの勝ったアルゼンチン共和国杯で一番人気だったのは伊達ではないはず。重賞未勝利では重荷だが一発期待したい。

馬連
1-13
1-9
1-8
1-10
1-7
7-13



ちなみに今年は29日大井競馬場の東京大賞典の方がメンバー揃っておもしろいかもね。
[PR]
by yoshimasa03112000 | 2008-12-26 10:33