「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

有馬記念

有馬記念 中山 芝2500

1-1 カワカミプリンセス(牝5、横山典弘・西浦勝一)
2-2 ベンチャーナイン(牡3、柴田善臣・小桧山悟)
3-3 コスモバルク(牡7、松岡正海・田部和則)
3-4 エアジパング(セン5、藤田伸二・藤原英昭)
4-5 フローテーション(牡3、C.ルメール・橋口弘次郎)
4-6 エアシェイディ(牡7、後藤浩輝・伊藤正徳)
5-7 アルナスライン(牡4、O.ペリエ・松元茂樹)
5-8 スクリーンヒーロー(牡4、M.デムーロ・鹿戸雄一)
6-9 メイショウサムソン(牡5、武豊・高橋成忠)
6-10 マツリダゴッホ(牡5、蛯名正義・国枝栄)
7-11 ドリームジャーニー(牡4、池添謙一・池江泰寿)
7-12 アサクサキングス(牡4、四位洋文・大久保龍志)
8-13 ダイワスカーレット(牝4、安藤勝己・松田国英)
8-14 アドマイヤモナーク(牡7、川田将雅・松田博資)


さあ
有馬記念です。ウォッカやディープスカイ、オウケンブルースリなどが出走してこないのでやや寂しいメンバーですが、最後なのできっちり取りたいと思います。

一番人気はダイワスカーレットでしょう。今まで連を外したことがないし、休養明けの天皇賞はウォッカの2着にやぶれたものの間違いなくウォッカより強い競馬をした。ベストは2000だが昨年も有馬記念2着を確保しており、ウォッカがいないレースでは負けられないところか。
不安点は距離と前走休養明け激戦の反動。そして外枠。

メイショウサムソンはこれが引退レース。去年の天皇賞(秋)以来勝ち鞍はなく往年の力は望めないものの今年も天皇賞(春)宝塚記念で2着と存在感を示している。このメンバーなら力は上位だろう。秋3戦目で状態はピークで人気が落ちるここは狙い目かもしれない。

人気薄でジャパンカップを勝ったスクリーンヒーロー。前走はフロックと見られがちだがウォッカ、ディープスカイを負かした脚は見限れない。ここで勝てば今年の年度代表馬になる可能性もあり力が入るところ。今年は連をはずしてないし最大の上がり馬というべきだろう。
不安点は前走がGⅠ初挑戦だったので目一杯の仕上げだった可能性があることと8月から使い詰めで6戦目になること。

去年の有馬記念馬マツリダゴッホ。とにかく中山は強い。10戦7勝2着1回3着一回着外は競争中止だけ。コーナーワークが巧い。力を使わず最終コーナーで好位にとりついて抜け出すレース。昨年はノーマークだったが今年は2番人気かな。
不安点は今年は人気になるだけにマークをされることか。

人気馬についてコメントを並べましたが本命はカワカミプリンセスで行きます。強い先行馬のダイワスカーレットを負かすには前でレースをするしかない。逃げ馬が見当たらないこのレースで逃げるのはこの馬だと思う。1枠1番で横山典の大胆な騎乗に期待する。デビューから5連勝の勢いはないが今年は3着2着2着と崩れてはいない。今年のメンバーなら通用すると見る。問題は典はGⅠ2着が多いこと。

相手は上記人気どころとアルナスラインを加えてみたい。O.ペリエ騎手はデムーロやルメールに注目を譲っているがまだ衰える年ではない。ここは意地を見せる可能性はある。スクリーンヒーローの勝ったアルゼンチン共和国杯で一番人気だったのは伊達ではないはず。重賞未勝利では重荷だが一発期待したい。

馬連
1-13
1-9
1-8
1-10
1-7
7-13



ちなみに今年は29日大井競馬場の東京大賞典の方がメンバー揃っておもしろいかもね。
[PR]
# by yoshimasa03112000 | 2008-12-26 10:33

第60回朝日杯フューチュリティS確定

第60回朝日杯フューチュリティS(2歳牡牝、GI・芝1600m)

1-1 ミッキーパンプキン(牡2、O.ペリエ・清水出美)
1-2 シェーンヴァルト(牡2、北村友一・岡田稲男)
2-3 セイウンワンダー(牡2、岩田康誠・領家政蔵)
2-4 トウカイフィット(牡2、田中勝春・栗田博憲)
3-5 ブレイクランアウト(牡2、武豊・戸田博文)
3-6 トレノパズル(牡2、横山典弘・伊藤正徳)
4-7 オメガユリシス(牡2、北村宏司・坂本勝美)
4-8 ツルマルジャパン(牡2、松岡正海・坂口正則)
5-9 エイシンタイガー(牡2、内田博幸・西園正都)
5-10 トップオブピーコイ(牡2、勝浦正樹・森秀行)
6-11 フィフスペトル(牡2、C.ルメール・加藤征弘)
6-12 ゲットフルマークス(牡2、蛯名正義・岩戸孝樹)
7-13 ピースピース(牡2、吉田隼人・荒川義之)
7-14 ブラストクロノス(牡2、江田照男・岩戸孝樹)
8-15 ホッコータキオン(牡2、飯田祐史・飯田明弘)
8-16 ケンブリッジエル(牡2、三浦皇成・山内研二)

さあ有馬記念前の資金作りと行きたいレースです。
武騎手の驚異的な回復力でのGⅠ復帰も注目。

 本線はその武騎乗のブレイクランアウト。ここ2走は人気を裏切っているもののスローペースに脚を余してのもの。新馬戦から休養をはさんで叩き3戦目。緩んでいた馬体もピークで調教も評価は高い。厩舎も武騎手の復帰が間に合わないならこの馬を出走させないといっていたぐらいにクラッシックを意識している馬です。武騎手が無理をしていなければまず間違いなく勝ち負けになるでしょう。武がなぜか朝日杯を未勝利というのが気掛かりです。

 相手は鞍上を注目の新人三浦から絶好調ルメールに強化してきたフィフスペトル。前走の京王杯では一番人気ながらゲットフルマークスに逃げ切りを許したが終いはしっかり差してきている。パワー型のキングカメハメハ産駒であり中山は向いているでしょう。

 後はミッキーパンプキン。先行タイプの馬だけに最内枠は絶好。前走は逃げ切りだったが今回は3番手ぐらいで折り合えるんじゃないか。先行タイプでのペリエ騎乗も心強い。ダンスインザダークの産駒で短距離向きではないがそれほどハイペースにならないと思うのでなだれ込みがあるはず。

シェーンバルト、ホッコータキオンも人気になるだろうがデイリー杯組はこのレース実績がついてこないので消してこの3頭で勝負!
[PR]
# by yoshimasa03112000 | 2008-12-19 11:16

ジャパンカップダート

第9回ジャパンCダート(3歳上、GI・ダート1800m)

1-1 ワンダースピード(牡6、小牧太・羽月友彦)
1-2 フロストジャイアント(牡5、C.ヴェラスケス・R.ダトロー)
2-3 サンライズバッカス(牡6、佐藤哲三・音無秀孝)
2-4 メイショウバトラー(牝8、福永祐一・高橋成忠)
3-5 メイショウトウコン(牡6、藤田伸二・安田伊佐夫)
3-6 ヴァーミリアン(牡6、岩田康誠・石坂正)
4-7 サクセスブロッケン(牡3、横山典弘・藤原英昭)
4-8 ティンカップチャリス(セン3、E.プラード・M.レセッシー)
5-9 アドマイヤフジ(牡6、川田将雅・橋田満)
5-10 カネヒキリ(牡6、C.ルメール・角居勝彦)
6-11 カジノドライヴ(牡3、安藤勝己・藤沢和雄)
6-12 ブルーコンコルド(牡8、幸英明・服部利之)
7-13 マストトラック(牡4、G.ゴメス・R.フランケル)
7-14 フリオーソ(牡4、戸崎圭太・川島正行)
8-15 ワイルドワンダー(牡6、蛯名正義・久保田貴士)
8-16 ボンネビルレコード(牡6、内田博幸・堀井雅広)

先週も完敗でした。しかし外国人騎手がきただけに、やはり円高の影響はあることを感じましたね。
今週はジャパンカップダート。完成されたダート馬ヴァ―ミリアンに対して新興勢力のサクセスブロッケンが挑戦。人気はこの2頭に集中です。前走で一度は勝負しているがヴァーミリアンに軍配があがったものの、サクセスはスタートで出遅れがあり今度こそという所でしょう。GⅠでなかなか勝てない横典と言う点が心配だが、そろそろと言うことで本命はサクセスブロッケンにする。ダートでは連を外したことも無いし芝のダービーでは18着という極端なところがダート適正の高さを感じる。今回は逃げる馬もいるので楽についていけると思う。

相手はヴァーミリアンで仕方がない。国内では無敵を誇っており調子落ちもない。無印にする理由は皆無と言っていいだろう。強いて言えば武からの乗り代わりかな。

穴は地方のフリオーソ。地方出身のジョッキーが活躍した今年の中央競馬を象徴するようなことになるかもしれない。

人気の3年前の勝ち馬カネヒキリは屈腱炎からの立ち直りでのGⅠは無理。
海外帰りのカジノドライブは気性がまだ子供っぽく、本格化はまだ来年でしょう。

したがってサクセスブロッケン、ヴァーミリアン、フリオーソの3頭で充分。
馬券も馬連、三連単で3頭ボックスで行きます。
[PR]
# by yoshimasa03112000 | 2008-12-06 11:07

ジャパンC

第28回ジャパンC(3歳上、GI・芝2400m)

1-1 オウケンブルースリ(牡3、内田博幸・音無秀孝)
1-2 メイショウサムソン(牡5、石橋守・高橋成忠)
2-3 トーセンキャプテン(牡4、O.ペリエ・角居勝彦)
2-4 ウオッカ(牝4、岩田康誠・角居勝彦)
3-5 ダイワワイルドボア(牡3、北村宏司・上原博之)
3-6 パープルムーン(セン5、J.スペンサー・L.クマーニ)
4-7 ネヴァブション(牡5、横山典弘・伊藤正徳)
4-8 トーホウアラン(牡5、藤田伸二・藤原英昭)
5-9 ディープスカイ(牡3、四位洋文・昆貢)
5-10 オースミグラスワン(牡6、川田将雅・荒川義之)
6-11 シックスティーズアイコン(牡5、J.ムルタ・J.ノスィーダ)
6-12 マーシュサイド(牡5、J.カステリャーノ・N.ドライスデール)
7-13 マツリダゴッホ(牡5、蛯名正義・国枝栄)
7-14 ペイパルブル(牡5、R.ムーア・M.スタウト)
7-15 アサクサキングス(牡4、C.ルメール・大久保龍志)
8-16 スクリーンヒーロー(牡4、M.デムーロ・鹿戸雄一)
8-17 アドマイヤモナーク(牡7、安藤勝己・松田博資)
8-18 コスモバルク(牡7、松岡正海・田部和則)


相性のよいジャパンカップ。絶対当てるぞ~!
三世代のダービー馬、二世代の菊花賞馬、昨年のグランプリ覇者、そして未知数の外国産馬とメンバーが揃いました。

本命は今年のダービー馬ディープスカイで行きます。天皇賞ではウォッカに後塵に拝しましたが、この馬は500キロを超える馬体からしても使われてよくなるタイプ。事実、未勝利を勝ち上がるのも6戦を要しているし、天皇賞→ジャパンカップの流れは春のNHKマイル→ダービーの間隔と酷似している。この秋三戦目で今がピークだと思います。厩舎の海外志向は強く力が入るのは有馬記念よりこのジャパンカップ。四位騎手の誕生日が当日だということもプラス材料。

対抗はイギリスのペイパルブル。去年も参戦し招待馬最先着ながら7着に敗れたものの、その後地元で実績を上げ自信を持っての再挑戦とみます。写真で見る限り馬体は筋肉が盛り上がって外国産馬らしい体つきになりました。去年よりはかなり強くなっていると思います。毎度いうように高い円を稼ぐために本気度合が違います。

3番手はウォッカで仕方ないかな。好調が伝えられているが天皇賞であれだけのレースをしただけに内面的な反動が気になるところ。上がり目という点で割り引いてみます。

後はグランプリホースのマツリダゴッホ。一番微妙な馬。グランプリではウォッカ、サムソンに完勝しているだけに、まともに走ったらこの馬が勝つのだろう。しかしどうしても左回りのコースが懸念されます。今週の調教は左回りで一番時計をたたき出して克服をアピールしていたが、先週の調教は素人目に見ても走りずらそうにみえました。本質的に苦手なんだろうが当日の馬の気分次第。

そして二世代菊花賞馬オウケンブルースリ、アサクサキングス、英国のパープルムーンまで。

メイショウサムソンは今年で引退ということから有馬記念が勝負とみてここは消してみます。

馬連 9-14 4-9 9-13
馬単 9-14 9-4 9-13 9-1 9-15 9-6
[PR]
# by yoshimasa03112000 | 2008-11-28 11:21

マイルCS

京都競馬場  第25回マイルCS (3歳上、GI・芝1600m)

1-1 ローレルゲレイロ(牡4、四位洋文・昆貢)
1-2 ファイングレイン(牡5、幸英明・長浜博之)
2-3 スズカフェニックス(牡6、武豊・橋田満)
2-4 マイネルレーニア(牡4、佐藤哲三・西園正都)
3-5 ジョリーダンス(牝7、秋山真一郎・堀宣行)
3-6 ショウナンアルバ(牡3、蛯名正義・二ノ宮敬宇)
4-7 ブルーメンブラット(牝5、吉田豊・石坂正)
4-8 アドマイヤスバル(牡5、川田将雅・中尾秀正)
5-9 マルカシェンク(牡5、福永祐一・河内洋)
5-10 ラーイズアトーニー(セン4、S.キャラハン・I.ブラック)
6-11 リザーブカード(牡5、柴山雄一・栗田博憲)
6-12 キストゥヘヴン(牝5、藤田伸二・戸田博文)
7-13 サイレントプライド(牡5、後藤浩輝・国枝栄)
7-14 コンゴウリキシオー(牡6、C.ルメール・山内研二)
7-15 スマイルジャック(牡3、岩田康誠・小桧山悟)
8-16 カンパニー(牡7、横山典弘・音無秀孝)
8-17 スーパーホーネット(牡5、藤岡佑介・矢作芳人)
8-18 エイシンドーバー(牡6、内田博幸・小崎憲)

本命は一番人気に逆らわずスーパーホーネットから行きます。硬いGⅠでもあり、2年連続して連対する馬が多いレース。実力を発揮しやすいコースなのでしょう。去年2着という実績と、前走の毎日王冠で後に天皇賞を勝つウォッカを差し切っていることから、連を外すことはないと思います。藤岡騎手はGⅠ未勝利だが完全にこの馬を手中に入れておりGⅠ初勝利のよい機会となりそうだ。

相手はスマイルジャック。3歳馬で前走の菊花賞では3番人気ながら16着惨敗。ダービー2着馬ながら人気は落ちるだろう。もともと長距離には疑問符が付いていただけにマイルでの復活を期待したいところ。鞍上も秋華賞をぶっこぬいた岩田騎手に強化しているだけに逆転まで期待する。単なる早熟馬だったら御免なさい。

3番手にはカンパニーで。追い込み一本やりの馬だが人気薄のコンゴウリキシオーが逃げるレースだけにハイペースの展開になってくれればはまる可能性も。33秒台の末脚は確実だ。ヨコテンもここ数年GⅠから見放されているだけに大胆な騎乗で一発狙ってくるだろう。

あとは先週落馬した武のスズカフェニックス。人気になってはコケル馬だが、人気が落ちる今回は逆に来るかも。高い円を稼ぎにきたカナダのラーイズアトーニー。日本で実績のあるラーイの血筋だけに侮れない。

枠連7-8 8-8

馬連15-17 16-17 3-17 10-17 15-16 3-15 3-16
[PR]
# by yoshimasa03112000 | 2008-11-21 12:55